お知らせ

年長組で種まきをしたペチュニアは梅雨の間中 テラスで見守っていましたが、小さい小さい芽が出たものの、なかなか移植するまでに至らず、皆でしびれを切らし、ついにニチニチソウの苗を植えることに計画を変更しました。年長児は自分たちで作ったペットボトルのポットに やっと土と苗を入れ、南側のフェンスに取り付けました。さあ、これから一人ひとりがお世話を始めます。夏休み中は、小学1年生の朝顔のように、おうちに持って帰るかもしれません。